カテゴリー別アーカイブ: ヘアケア

女性の薄毛の原因は生活習慣の乱れから

 

女性の薄毛の原因で多いのがホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れると体調が何となく優れなかったり肌のコンディションが悪化したりといった影響が現れますが、実は髪の毛にも良くない影響を与えます。

髪の毛を成長させるのに関係しているのは女性ホルモンであり、妊娠期のように女性ホルモンの分泌量が増えると髪の毛は長い成長期を迎えます。

しかし、産後は一気に分泌量が減少しますので、髪の毛は成長期を終えて抜け落ちます。

出産した後に抜け毛が多くなった、薄毛が気になると感じるのはこのためであり、多くの人が体験することです。

ただし、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れは一過性のものであり、バランスが落ち着いてくると自然に薄毛も良くなりますので、過度な心配はせずストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

同じような女性ホルモンの減少が原因であっても、ある程度の年齢になってから症状が引き起こされた場合には適切なケアが必要です。

加齢によって減少した分は増加が望めませんので、育毛剤などを上手く使って補う必要があります。

女性ホルモンは食事面からもアプローチできる部分ですので、日頃の食生活を見直すことも重要です。

また、女性は過度なヘアケアによって薄毛になることも多いので注意が必要です。

パーマやカラーリングに使用される薬剤は刺激物であり、それが頭皮に付着すると大きな負担をかけることになります。

何度か行っていて問題がなくても、急に頭皮トラブルが現れることもありますが、これはダメージが蓄積されてしまった証拠であり、一時的にパーマやカラーリングを中止しなければなりません。

白髪染めのように必要に迫らせて行う場合にはできるだけ自然由来の成分で染めてくれる美容室を探し、頭皮に付着しないように気を付けてもらうことが大切です。

自宅でのケアでは普段使用しているシャンプーを育毛用に変更して、頭皮が健やかな状態に戻るのを待ちます。

 

 

頭皮環境を整えて薄毛予防

 

頭皮環境を整えれば薄毛や抜け毛を予防をすることが出来ます。

頭皮の環境がよくないと毛が抜けやすくなるということはいえます。

これは頭皮をケアしていないときと比べるとよく分かります。

頭皮をケアするということは頭皮を清潔に保つということもありますが、頭皮に適当な刺激を与えることも必要です。

軽いマッサージというのもおすすめです。

ここで気をつける必要があるのは、軽いマッサージでそんなに強く叩いたり爪を立てたりうるようなことをしないことです。

髪の毛というのは傷つきやすいと同時に頭皮の中の細胞から出来ています。

この細胞を傷つけるようなことがあれば、それは当然抜け毛につながります。

頭皮というものは繊細なものであるということをしっかりと考える必要があります。

このことが分かればシャンプーのときも爪を立てて髪を洗うのはよくないことも分かるでしょう。

頭皮の汚れをとるのであれば、爪を立てる必要はなく、洗髪は軽いマッサージのようにするのがいいということがいえます。

よく、爪を立てないと洗えている気がしないということで爪を立てて洗髪をする人がいますが、これは薄毛予防の考え方からいくとよくありません。

髪の毛を傷つける可能性があるとともに、毛髪細胞を傷つける可能性がかなりあります。

そして、紫外線というのもあまりよくありません。

これも毛根となる細胞にダメージを与えるからです。

ですから、外出するときに日差しが厳しいようなら帽子をかぶるなりというような紫外線対策もしておくのがいいでしょう。

基本的に毛髪細胞がなんらかの要因で傷ついてしまえば、それで髪の毛は生えなくなってしまいます。

加齢や遺伝という要素はなくすことは出来ませんが、それ以外の頭皮のケアであったり、食事のバランスを考えることであってりというようなことは、やれば出来ることで、これらをすることで薄毛予防というのはかなり出来ることになります。

するのとしないのとでは大きな違いがあるといってもいいでしょう。