月別アーカイブ: 2018年1月

男性と女性の脱毛症の原因は違う

 

日本国内で、薄毛や抜け毛などの脱毛症で悩む男性は1000万人以上、女性も600万人もいるといわれています。

以前は、脱毛症と聞くと、男性特有の症状というイメージがありましたが、近年は脱毛症で悩む若い女性が急増しているようです。

しかし、男性と女性の脱毛症になる原因、それに、タイプや薄毛の進行パターンなども違います。

男性の脱毛症は、ほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、多くは20歳~30歳代くらいで発症し、早い人は高校生くらいで薄毛や抜け毛が気になり始めます。

この男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と毛乳頭部分で結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成され、このDHTが脱毛症を引き起こす元凶で、毛母細胞の増殖を抑制し、髪の成長を抑えてしまうことが原因です。

一方、女性の場合は、びまん性脱毛症というタイプが最も多く、20歳代の若い女性の脱毛症の約40%を占めるといわれています。

ですが、その原因はさまざまな要因が絡み合って発症することが多く、どれか一つに特定することはできません。

例えば、乱れた食生活による栄養の偏り、夜更かしを続けての睡眠不足、極度のストレス、妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れ、ピルの影響、アルコール依存症、タバコなどが要因として挙げられます。

そして、薄毛になる進行パターンも異なります。

男性型脱毛症は、額の生え際から後退したり、頭頂部や前頭部から薄くなったりというパターンですが、びまん性脱毛症は、頭髪全体が平均して薄くなるというパターンです。

男性のパターンは特定の部位を中心に薄くなるので、わりと早めに気が付きますが、女性の場合は、平均的に薄くなるので、自分ではなかなか気が付きにくく、他人から指摘されてやっと気が付くというケースもよくあります。

そして、これらの改善策ですが、男性型脱毛症は遺伝的な要因が強いのでなかなか難しいとされています。

それでも、近年、この脱毛症に有効な治療薬が厚生労働省で認可され、改善効果が期待できるようになりました。

一方、びまん性脱毛症は、育毛剤(花蘭咲)を使用したヘアケアも大切ですが、その前に、自分自身の生活習慣を見直して、栄養バランスのよい食事、6時間以上の睡眠、ストレスを溜めないなどを意識し、規則正しい生活習慣を身に付ける必要があります。

また、妊娠や出産が原因でホルモンバランスが崩れて多量の抜け毛が発生することがありますが、この症状は一時的なもので、基本的には1年~1年半くらいで自然に治癒します。