頭皮にダメージを与えないシャンプー剤を!

 

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は遺伝的な要因が大きいため、生活習慣を見直したり、頭皮環境を整えるというレベルの対策だけではなかなか改善することはできません。

しかし、女性の薄毛、抜け毛の改善対策としては、生活習慣と頭皮環境を改善することはとても有効とされています。

ダイエットによる無理な食事制限から栄養が偏ったり、夜更かしを続けて慢性的な寝不足状態だったり、仕事や人間関係のストレスを溜め込んでいたりという生活習慣は、ホルモンバランスを乱すことになって女性の薄毛や抜け毛を発症させる原因になります。

また、間違ったヘアケアなどによって頭皮環境が悪化してしまうと血流が悪くなり、毛根の奥にある毛母細胞まで栄養素や酸素が行き渡らなくなって健康的な髪を育てることができなくなってしまいます。

こうしたことから、女性の薄毛、抜け毛の改善対策は、栄養バランスを考えた食事と十分な睡眠時間を確保し、ストレスも溜めないという規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

そして、血行が良く、清潔な状態の頭皮環境を維持でればいいわけです。

ですが、知らないうちに頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮環境が悪化するというケースもよくあります。

特に注意が必要なのは、毎日、洗髪に使うシャンプー剤ではないでしょうか。

どうしても、シャンプー剤を選ぶ時は、有名タレントが宣伝しているネームバリューの高い商品や洗い上がり、香りなどを優先してしまいがちです。

現在、市販されているシャンプー剤は大きく分けると、アミノ酸系、高級アルコール系、せっけん系の3タイプになります。

この中で、鉱物油や動植物油脂などから作られている合成界面活性剤が含まれる高級アルコール系のシャンプー剤は、洗浄力は高いですが、その分、頭皮や髪に与えるダメージも大きくなります。

この高級アルコール系シャンプーは、安価で最も多く市販されています。

もし、洗浄力を求めるなら、比較的頭皮への刺激が弱いせっけん系シャンプーが良いかと思います。

そして、頭皮環境を意識するなら、洗浄力は弱いですが低刺激のアミノ酸系シャンプーがオススメです。

ですが、シャンプー剤の一番のポイントは、自分の頭皮に合ったものを見つけることです。

もし、シャンプー剤を変えてみて、フケが多くなったり、赤くなったり、痒みが出たりした場合は、そのシャンプー剤が頭皮にダメージを与えている可能性があります。

自分の頭皮に合っているかという目安としては、頭皮が乾燥しないで、また、オイリーにもならないという状態を維持できるかを判断基準にするといいでしょう。