体重計の数値よりも・・・

 

今までダイエットに取り組んだことがない・・・という女性は、現代社会では稀ではないでしょうか。

また、ダイエットに取り組んで失敗したことがない・・・という女性も、少ないと思います。

そんなダイエット失敗の原因はさまざまで、運動が続かなかったり、間違った手法のダイエットをしてしまったり、無理な食事制限をしてしまったりなどが挙げられますが、その中で「ただ体重を減らせばいい・・・」という認識でダイエットに取り組むと、必ず失敗につながることになってしまいます。

その失敗例として、なんとか努力して目標体重まで減らしたのに、自分の姿を鏡に映してみると、なんかイメージしていたスタイルとチョット違う・・・と、感じたことのある人もいらっしゃると思います。

テレビなどで活躍するすらりとした美しいスタイルのモデルさんや女優さんを目指していたのに・・・ダイエットした意味がないと落ち込んでしまったのではないでしょうか。

このようになってしまう原因は、体重を減らすことだけを目標にしたために、筋肉量も減少して、美しいスタイルが作れなかったということです。

例え、体重を大幅に減らして、脚や腕が細くなったとしても、それでは、美しいスタイルとは言えません。

モデルさんや女優さんのような美しいスタイルを作るには、余分な体脂肪を減らして、筋肉を付けてメリハリのあるボディにしなければなりません。

例えば、美脚になりたいのなら、ヒップや太もも、ふくらはぎの筋肉を鍛えて、メリハリのある脚が必要なわけです。

ということで、筋肉は基礎代謝量を高めるだけでなく、美しいスタイルを形成するためにも必要不可欠になります。

しかし、どうしてもダイエット中の人は、体重計の数値ばかりが気になるようです。

長風呂したり、熱いサウナに入って汗をたっぷり掻いた後に、体重計に乗って減った数値に大喜びしている人もいらっしゃいますが、残念ながら、これは一時的に体の中の水分が失われただけで、決して体脂肪が汗と一緒に燃焼されたわけではありません。

人間の体は、水分が約60%も占めており、これだけの水分量を保持しなければ生きていけないので、当然、失われた水分は必ず補給しなければなりません。

すると、体重は汗を掻く前に戻ってしまうというわけです。

こうしたダイエットの間違った認識は、痩せられないだけでなく、体調を崩したりと健康や美容面に悪影響を招くことになってしまいます。

まずは、正しいダイエットの知識を身に付けること。

例えば、体重よりも、体脂肪率を意識し、そして、筋肉を付けて、余分な体脂肪を減らすことに集中しましょう。