頭皮環境を整えて薄毛予防

 

頭皮環境を整えれば薄毛や抜け毛を予防をすることが出来ます。

頭皮の環境がよくないと毛が抜けやすくなるということはいえます。

これは頭皮をケアしていないときと比べるとよく分かります。

頭皮をケアするということは頭皮を清潔に保つということもありますが、頭皮に適当な刺激を与えることも必要です。

軽いマッサージというのもおすすめです。

ここで気をつける必要があるのは、軽いマッサージでそんなに強く叩いたり爪を立てたりうるようなことをしないことです。

髪の毛というのは傷つきやすいと同時に頭皮の中の細胞から出来ています。

この細胞を傷つけるようなことがあれば、それは当然抜け毛につながります。

頭皮というものは繊細なものであるということをしっかりと考える必要があります。

このことが分かればシャンプーのときも爪を立てて髪を洗うのはよくないことも分かるでしょう。

頭皮の汚れをとるのであれば、爪を立てる必要はなく、洗髪は軽いマッサージのようにするのがいいということがいえます。

よく、爪を立てないと洗えている気がしないということで爪を立てて洗髪をする人がいますが、これは薄毛予防の考え方からいくとよくありません。

髪の毛を傷つける可能性があるとともに、毛髪細胞を傷つける可能性がかなりあります。

そして、紫外線というのもあまりよくありません。

これも毛根となる細胞にダメージを与えるからです。

ですから、外出するときに日差しが厳しいようなら帽子をかぶるなりというような紫外線対策もしておくのがいいでしょう。

基本的に毛髪細胞がなんらかの要因で傷ついてしまえば、それで髪の毛は生えなくなってしまいます。

加齢や遺伝という要素はなくすことは出来ませんが、それ以外の頭皮のケアであったり、食事のバランスを考えることであってりというようなことは、やれば出来ることで、これらをすることで薄毛予防というのはかなり出来ることになります。

するのとしないのとでは大きな違いがあるといってもいいでしょう。