頭皮にダメージを与えないシャンプー剤を!

 

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は遺伝的な要因が大きいため、生活習慣を見直したり、頭皮環境を整えるというレベルの対策だけではなかなか改善することはできません。

しかし、女性の薄毛、抜け毛の改善対策としては、生活習慣と頭皮環境を改善することはとても有効とされています。

ダイエットによる無理な食事制限から栄養が偏ったり、夜更かしを続けて慢性的な寝不足状態だったり、仕事や人間関係のストレスを溜め込んでいたりという生活習慣は、ホルモンバランスを乱すことになって女性の薄毛や抜け毛を発症させる原因になります。

また、間違ったヘアケアなどによって頭皮環境が悪化してしまうと血流が悪くなり、毛根の奥にある毛母細胞まで栄養素や酸素が行き渡らなくなって健康的な髪を育てることができなくなってしまいます。

こうしたことから、女性の薄毛、抜け毛の改善対策は、栄養バランスを考えた食事と十分な睡眠時間を確保し、ストレスも溜めないという規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

そして、血行が良く、清潔な状態の頭皮環境を維持でればいいわけです。

ですが、知らないうちに頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮環境が悪化するというケースもよくあります。

特に注意が必要なのは、毎日、洗髪に使うシャンプー剤ではないでしょうか。

どうしても、シャンプー剤を選ぶ時は、有名タレントが宣伝しているネームバリューの高い商品や洗い上がり、香りなどを優先してしまいがちです。

現在、市販されているシャンプー剤は大きく分けると、アミノ酸系、高級アルコール系、せっけん系の3タイプになります。

この中で、鉱物油や動植物油脂などから作られている合成界面活性剤が含まれる高級アルコール系のシャンプー剤は、洗浄力は高いですが、その分、頭皮や髪に与えるダメージも大きくなります。

この高級アルコール系シャンプーは、安価で最も多く市販されています。

もし、洗浄力を求めるなら、比較的頭皮への刺激が弱いせっけん系シャンプーが良いかと思います。

そして、頭皮環境を意識するなら、洗浄力は弱いですが低刺激のアミノ酸系シャンプー(花しゃん)がオススメです。

ですが、シャンプー剤の一番のポイントは、自分の頭皮に合ったものを見つけることです。

もし、シャンプー剤を変えてみて、フケが多くなったり、赤くなったり、痒みが出たりした場合は、そのシャンプー剤が頭皮にダメージを与えている可能性があります。

自分の頭皮に合っているかという目安としては、頭皮が乾燥しないで、また、オイリーにもならないという状態を維持できるかを判断基準にするといいでしょう。

 

 

無酸素運動、有酸素運動、食事管理の三本柱で!

 

魔法のサプリメントを飲むだけで、あっという間にテレビや雑誌などで活躍するモデルさんのような美しいスタイルになれたらどんなに素晴らしいいことか・・・と、夢を見る女性のダイエッターは多いのではないでしょうか。

しかし、そんな夢の世界に出てくるような魔法のサプリメントは、今の世の中には絶対に存在しませんし、痩せること自体、そんなに甘くありません。

そもそも、何も運動せずに、好きな物を好きなだけ食べて、楽な暮らしを続けて太ってしまった方が、ほんの数日間で楽に痩せられるわけがありません。

このような方に限って、楽なダイエット法ばかりを探し求めて、結局は痩せられずにダイエットを諦めることになってしまいます。

健康的で確実に痩せたいのなら、やはり、運動量を増やして1日あたりの総消費エネルギーを高めることが必要です。

現在、世の中にはさまざまなダイエット法が溢れ返っている状態ですが、最も健康的で確実に痩せられると言われている手法は、まず、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉量をアップして基礎代謝量を高めて痩せやすい体を作り、そして、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で体脂肪を燃焼するということです。

一口に運動と言っても、いろいろな種類があるので、ダイエットのためには筋肉を鍛える無酸素運動と体脂肪を燃焼する有酸素運動の二つを理解しなければなりません。

そして、もう一つ大切なことは食事管理です。

健康的で確実に痩せたいのなら、無酸素運動、有酸素運動、食事管理を三本柱にしてバランス良く実践していくことが必要なわけです。

しかし、この三本柱の中で、食事管理が一番難しいようです。

いくら運動で消費エネルギーを高めても、それ以上に食べ過ぎた食生活を送っていては何の意味もありません。

スポーツジムなどを覗いて見ると、一生懸命、運動に励んでいるダイエッターが大勢いらっしゃいますが、その中で、いくら運動を続けても痩せることができないと嘆いている方も少なくありません。

その原因は、知らないうちに食べ過ぎの食生活を送っているからです。

特に、運動量の多い方はこれだけ頑張ったんだから、そのご褒美にと、つい菓子パンやスナック菓子などを食べてしまいがちになります。

また、体は運動でカロリーを消費すると自然と食欲が湧き、食べ過ぎの食事になりがちです。

まずは、自分の1日当たりの適正な食事量を知って、栄養バランスを意識しながら規則正しく摂ることが大切です。

どうしても食べ過ぎてしまうという方は、よく噛んでゆっくりと時間をかけたり、野菜を多く食べたり、低カロリーの置き換えダイエット食品を使ったりと、いろいろ工夫してみて下さい。

また、栄養バランスも重要なので、不足しがちな栄養素はサプリメントを使えば、簡単に補うことができます。