男性と女性の脱毛症の原因は違う

 

日本国内で、薄毛や抜け毛などの脱毛症で悩む男性は1000万人以上、女性も600万人もいるといわれています。

以前は、脱毛症と聞くと、男性特有の症状というイメージがありましたが、近年は脱毛症で悩む若い女性が急増しているようです。

しかし、男性と女性の脱毛症になる原因、それに、タイプや薄毛の進行パターンなども違います。

男性の脱毛症は、ほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、多くは20歳~30歳代くらいで発症し、早い人は高校生くらいで薄毛や抜け毛が気になり始めます。

この男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と毛乳頭部分で結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成され、このDHTが脱毛症を引き起こす元凶で、毛母細胞の増殖を抑制し、髪の成長を抑えてしまうことが原因です。

一方、女性の場合は、びまん性脱毛症というタイプが最も多く、20歳代の若い女性の脱毛症の約40%を占めるといわれています。

ですが、その原因はさまざまな要因が絡み合って発症することが多く、どれか一つに特定することはできません。

例えば、乱れた食生活による栄養の偏り、夜更かしを続けての睡眠不足、極度のストレス、妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れ、ピルの影響、アルコール依存症、タバコなどが要因として挙げられます。

そして、薄毛になる進行パターンも異なります。

男性型脱毛症は、額の生え際から後退したり、頭頂部や前頭部から薄くなったりというパターンですが、びまん性脱毛症は、頭髪全体が平均して薄くなるというパターンです。

男性のパターンは特定の部位を中心に薄くなるので、わりと早めに気が付きますが、女性の場合は、平均的に薄くなるので、自分ではなかなか気が付きにくく、他人から指摘されてやっと気が付くというケースもよくあります。

そして、これらの改善策ですが、男性型脱毛症は遺伝的な要因が強いのでなかなか難しいとされています。

それでも、近年、この脱毛症に有効な治療薬が厚生労働省で認可され、改善効果が期待できるようになりました。

一方、びまん性脱毛症は、育毛剤(花蘭咲)を使用したヘアケアも大切ですが、その前に、自分自身の生活習慣を見直して、栄養バランスのよい食事、6時間以上の睡眠、ストレスを溜めないなどを意識し、規則正しい生活習慣を身に付ける必要があります。

また、妊娠や出産が原因でホルモンバランスが崩れて多量の抜け毛が発生することがありますが、この症状は一時的なもので、基本的には1年~1年半くらいで自然に治癒します。

 

 

頭皮にダメージを与えないシャンプー剤を!

 

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は遺伝的な要因が大きいため、生活習慣を見直したり、頭皮環境を整えるというレベルの対策だけではなかなか改善することはできません。

しかし、女性の薄毛、抜け毛の改善対策としては、生活習慣と頭皮環境を改善することはとても有効とされています。

ダイエットによる無理な食事制限から栄養が偏ったり、夜更かしを続けて慢性的な寝不足状態だったり、仕事や人間関係のストレスを溜め込んでいたりという生活習慣は、ホルモンバランスを乱すことになって女性の薄毛や抜け毛を発症させる原因になります。

また、間違ったヘアケアなどによって頭皮環境が悪化してしまうと血流が悪くなり、毛根の奥にある毛母細胞まで栄養素や酸素が行き渡らなくなって健康的な髪を育てることができなくなってしまいます。

こうしたことから、女性の薄毛、抜け毛の改善対策は、栄養バランスを考えた食事と十分な睡眠時間を確保し、ストレスも溜めないという規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

そして、血行が良く、清潔な状態の頭皮環境を維持でればいいわけです。

ですが、知らないうちに頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮環境が悪化するというケースもよくあります。

特に注意が必要なのは、毎日、洗髪に使うシャンプー剤ではないでしょうか。

どうしても、シャンプー剤を選ぶ時は、有名タレントが宣伝しているネームバリューの高い商品や洗い上がり、香りなどを優先してしまいがちです。

現在、市販されているシャンプー剤は大きく分けると、アミノ酸系、高級アルコール系、せっけん系の3タイプになります。

この中で、鉱物油や動植物油脂などから作られている合成界面活性剤が含まれる高級アルコール系のシャンプー剤は、洗浄力は高いですが、その分、頭皮や髪に与えるダメージも大きくなります。

この高級アルコール系シャンプーは、安価で最も多く市販されています。

もし、洗浄力を求めるなら、比較的頭皮への刺激が弱いせっけん系シャンプーが良いかと思います。

そして、頭皮環境を意識するなら、洗浄力は弱いですが低刺激のアミノ酸系シャンプーがオススメです。

ですが、シャンプー剤の一番のポイントは、自分の頭皮に合ったものを見つけることです。

もし、シャンプー剤を変えてみて、フケが多くなったり、赤くなったり、痒みが出たりした場合は、そのシャンプー剤が頭皮にダメージを与えている可能性があります。

自分の頭皮に合っているかという目安としては、頭皮が乾燥しないで、また、オイリーにもならないという状態を維持できるかを判断基準にするといいでしょう。